image
2014New New Products- 新製品のご紹介
image
i-DC インディビジュアルダイブコンピュータUemis
image
Relax-DC 解りやすい事がリラックス、安心へ繋がります
image
HighEnd 今ある最高の技術と潜水医学で最高の製品を
image
OxySpy 酸素分圧計 21%校正機能/MOD算出機能
  • 式の再構築

    image

    減圧症 の原因を考え直す

    減圧症の原因とは何でしょうか?身体の中に溶け込んだガス(多くは窒素)です。でもほとんどのダイブコンピュータは主因を知るための呼吸量を計ってません。プロと初心者では倍ほどもエアー消費が違うというのに。

    image

    現実 のダイブをより知る

    実際の所、研究室の中のような綺麗なプロフィールでダイバーは潜ったりしません。いわゆる「急浮上やシーソーダイビング」がどれほど身体に影響を与えるか、これを知るにはデーターを蓄積するしか有りません。すなわち、もっとも歴史がある製品が一番知っていると言う事です。

  • 伝える技術

    image

    Man Machine Interface

    実はダイバーに伝える能力がダイブコンピュータのもっとも重要な機能だと思います。ダイバーに伝わらなくては幾ら厳密に計算しても全く意味はありません。フルカラー有機ELパネル、カラーコード、視認性と操作性など SDAはハードからソフトまで伝える設計をしています。

    image

    邪魔をしない でも必要な時にはソコにいる

    極限状態であったとしても、一目で分かる画面デザインで有ること。例えパニックになっていても、今一番重要な事は何かを提示します。だからこそダイバーは水中で本来の目的に集中できるのです。リラックスしていても思考能力のほんの1部を使うだけで良いんですから。

  • 応える情報

    image

    情報 をSDAとやり取りする

    ダイビングの安全情報を随時ダイバーに報告しています。それに応えて自分のダイビングを自らコントロール出来るのがSDAの特徴です。更に本当に重要な事は伝わったかどうか確認します。そうしなければ次の指示を提示出来ない、そんな緊急時にも対応しています。

    image

    ダイブコンピュータ を自分に合わせる

    代謝機能ほど個人差の大きい物も無いでしょう、性別、年齢、筋肉量、そして昨夜の疲れ。普通のダイブコンピュータなら誤差として容認するのでしょうが、その誤差は残留窒素がある限り次のダイビングに持ち込まれます。誤差の上に更に誤差を積む、危険は増すばかりです。誤差を詰めて身体に合わせる事が安全の近道です。

  • 水中で通信

    image

    バディ とデーターリンクする

    ひとりの目より、沢山の人の目の方が間違いを減らせます。せっかくバディシステムを組んでいるんですから、ダイブコンピュータの情報も共有してしまいましょう。水中で6人までのDECO、残圧等をお互いに通信します。安全の新しい基準です。

    image

    常時 通信型トリプルタンクトランスミッタ

    実は、今までのトランスミッタは常時繋がっているわけではありませんでした。水中での安定通信が出来るようになったSDAは常にエアーの流量をモニター出来る初めてのダイブコンピュータです。分圧の違う3本までのタンクを常時管理できるのです。

  • 歴史と最新

    image

    The most historical dive computers

    ダイブコンピュータの歴史の最初からダイブコンピュータを設計し続けてきた男。あのアラジンシリーズの親であり、タンクトランスミッターの開発者「エルンスト」そして彼の最新作がUemis SDA 。 もっともフィールドで試されてきたダイブコンピュータと言えるでしょう。

    image

    最新 の能力を常にその手に

    パソコンでダイブコンピュータ中のソフトをダイバー自身が入れ替えられる物もでてきました。最新のアルゴリズムや最新の機能に出来ることはすばらしいですね。でも、パソコンにドライバやソフトを入れるのが面倒で使われなければ意味がありません。SDAに内臓のソフトはどのパソコンでも動作します、インストールは不要です。

More More
image image image image image image image image

image image image image image image image image

Uemis Japan沖縄移転記念パッケージ

沖縄記念パッケージが少数20台だけ入荷して参ります。沖縄限定モデルには特別な起動画面がセットされており、ダイビングする度にあの沖縄の海の色を思い出すに違い有りません!

Read more...

UemisJP時代から続けていたブログを久しぶりに更新、弊社沖縄移転後新たに沖縄情報を満載する予定ですぜ

Read More

image

SDAの基本操作 操作キー

UemisSDA は3つのキーで操作します。キーには方向と長押し、短い押しの区別があります。

Read More

image

基本操作2 メニュー操作

メニューを呼び出す方法と戻る方法は 短い操作と、長押し操作を使い分けます。後の操作は見たとおりに操作するだけのイージーオペレーションです。

Read More

image

内臓 キーボード操作

内臓のキーボードで入力が可能です。パソコンで編集も出来ますがゲレンデで入力したいときもありますからその場で出来るのは便利です

Read More

image

タンク トランスミッタ設定

タンクトランスミッタを認識させます。初回だけの操作です。次ダイブからは自動認識します。

Read More

Uemis News

Uemis Japanへ変更しました

これまで親しんできたUemisJPからUemis Japanへ名称変更いたしました。...

沖縄記念パッケージ限定20

沖縄 にUemis Japanが出来たのを記念して20台の記念パッケージが入荷します。...

沖縄に移転しました

2011年12月 神奈川県から沖縄県那覇市へ本社を移転しました。...